ブログJIN

人のためになるブログ

アイスポットパファー飼い方|混泳|費用|淡水フグ

今回はアイスポットパファーについて詳しく説明していこうと思います。
アイスポットパファーとは?
正式にはアイスポットパファー雲南と言いまして、中国の淡水フグさんです。これは見たこともなければ聞いたこともない方もおおいいと思います。とても珍しいフグさんだと思います。生息地は中国の雲南省で日本の川とさほど変わらない水温のところで生息していたと思われるので水温が低くてても問題はないと思われます。すごい興味あるフグさんですねヾ(๑╹◡╹)ノ"
私は長年熱帯魚の飼育をしていますが、アイスポットパファーを見たのは2回くらいしかありません。他の熱帯魚屋さんはわかりませんが、家周辺の熱帯魚ショップの定員も入ってきたことが無いや、写真でしか見たことが無いなど本当に珍しいフグなので見たら是非飼ってみてはいかがでしょうか?
飼っている人、これから買いたいと思っている人などいると思うので詳しく説明していこうと思います。
あとみたことない方もいるかと思うので、下に写真を添付しておきます!!!


 

 

f:id:non2018:20181231150512j:plain

アイスポットパファー雲南

アイスポットパファー飼い方


アイスポットパファーは好奇心旺盛で、頭もいい魚なのですごい懐きます。
逆に頭がいいので飼い始めたばっかりの時は警戒して見向きもしないことや、餌を食べないことがありますので焦らず慣らしてあげましょう!
怖くて近ずかないなどある時は、餌は浮いてしまうグリルとかではなく生き餌(メダカ、ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビ、アサリ)などをあげるといいでしょう。
だが、お金の問題などを考えるとやはり人口餌の方がお金もかからなくていいとも思うので、生き餌の期間を長くしてしまいますと、人口餌を全く食べなくなってしまうこともあるので、朝生き餌 夜人口餌などにして、人にも一緒に慣れてもらう方法もあります!人口餌をあげるときも無理やりあげるのではなく、食べなければ生き餌をあげるようにしてください。
生き餌はとても水を汚しますので、水替えはしっかり行ってください。水質の悪化は魚にとって悪影響です。コケの原因、病気、臭い匂いなどの原因の素となりますのでしっかり行ってください。
水替え時に全て水を変えるのではなく、日にちを分けて水替えをすると良いです!せっかく住み着いたバクテリアがいなくなってしまいます。バクテリアがいなくなることで濁り原因や魚にとっても悪影響です。本当に水質管理は大切です。


アイスポットパファー混泳


アイスポットパファーは好奇心旺盛でとても凶暴です。待ち伏せ型の大人しいフグでもありませんので、混泳はNGです。ネオンテトラなどの逃げ足が早い魚でもすぐ食べられてしまいます。アイスポットパファーは泳ぎがとても早いので単独飼育が基本です。
だがメスとオスの混泳は大丈夫な場合があります。最初は二匹とも隔離してあげて様子をみてください。
喧嘩する場合もございますので一か八かですね(;_;)繁殖にも成功している方はいらしゃいますので興味があれば試してみてください!



アイスポットパファー費用


費用は他のフグでご紹介下通り、さほど差はありませんが、何センチの水槽で飼うかによって初期費用などが変わってきます。でかい水槽を買えばそれなりのヒーターや、砂利が必要になってきます。でかくなればなるほどお金はかかってきますのでよく考えましょう。


最後に


もしアイスポットぱファーを見つけたら是非飼ってください!とても珍しい魚を飼うと話の話題やみなさんからも興味を示してくれると思います。
魚も小さな命です。責任を持って飼ってください。
わからないことがあれば質問お待ちしております。