ブログJIN

人のためになるブログ

40代 50代からの転職術


40代 50代で転職したいと思っていて、もう40歳だし。など諦めてる方いらしゃいませんか?今からでも十分おそくありません。この記事を読み、しっかり理解していただいてくれれば転職に成功する確率はグッとあがります。一気に書くと読みずらいと思うので何日か分けて記事を書こうと思います。

40代、50代の転職
40歳、45歳、50歳…。超人手不足市場と言われる、2017年の状況においても転職市場は、ほぼ5歳ごとに潮目が変化します。特に40歳は大きな分岐点で、転職することで年収が上昇する割合が顕著に低下し始めます。この転職市場の潮目の変化は、景況
は勿論、業界や専門領域により微妙に異なることもあり、意外な落とし穴になりがちです。

20代前半から30代前半で転職した経験がある人は、転職市場での自分の市場価値が、予想以上に高かったと感じた人も多いのではないでしょうか?

先日相談させていただいた39歳のBさんも、5年前に初めて転職活動をした際に、とんとん拍子で複数の企業から内定をもらい、また年収やポストを好条件が提示されたりしたことで、「自分は世の中からこんなに必要とされているのか」と驚いたと振り返っておられました。

ただ、このAさん、会社の業績悪化に伴い、今年、転職活動を始めた所、5年前とは全く違う状況にショックを受けていました。これだけ人手不足がニュースになっているのにも関わらず、書類通過すら難しく、結局20社以上応募して面接に通過したのが3社、しかもいずれも最終選考で不採用になってしまいました。年齢による企業の視線の違いを今Aさんは肌身に感じておられます。

そればかりではなく、転職できたとしても、転職前後の年収変化は世代が上がるとともに難しくなります。男性会社員という分類で「10%以上年収が上がる人」の割合は、30〜34歳世代で47.2%いるのに対して35〜39歳世代で44.6%、40〜49歳では40.3%、50〜59歳では22.2%と年齢とともに急減してきます。

これを聞いてパーセントだけを見ると40代、50代は圧倒的に少ないことがわかるのですが、自信をなくさないでください。50歳から再就職はほぼ無いと言われている現代の中転職で今現在の給料より高くなる確率は22%もあるということは割合的にはとてもいいと思います。人それぞれで悩みは違うと思うので、人間関係が良さそうな所、交通の弁がいい所、給料が高い所、休みが多い所など、人によっても条件は違うと思うので、k給料が上がる面だかを考えた所約22%なので確率はもっと上がると思います。なので焦らずゆっくり考えましょう。
下に貼っておくのでそこから転職の一歩を踏み出してください!