ブログJIN

人のためになるブログ

アベニーパファーの混泳成功|多種同士の助け合い|熱帯魚で感動|淡水フグ

フグ日記

今日も無事終わりそうです!!色々緊急事態があったのですが(^_^;)流生き物を飼っていると1日1日がとても楽しいです!
毎回違う行動を見せてくれるフグさん達(^ ^)
今日はアベニーパファー達が凄い行動をしてくれたので日記にしていきます!!
去年卵から無事に生まれてきてくれたアベニーパファー達がネオンテトラを囲んでいたので私は『こいつらネオンテトラさんをいじめる気だな』と勝手な解釈で思っていました。
フグを飼っている方々はお分かり頂けると思うのですが、肉食なのでヒレをかじったりするので、ネオンテトラさんをいじめないようにずっと見ていました。
よくネオンテトラを見ていると少しいつもと様子が違うような感じがしました。最初はなにが原因なのか全くわからず、水質測るリトマス紙で測ってみるといつも通りでした(;_;)

『最悪。アベニーパファーにもうやられていたのか?』と思って網ですくって他の水槽に移して体を見ていましたがかじられた異変もなく、もう1度水槽に戻したのですがやはり様子がおかしい。
私はなんでだろうと考えていました。調べたりしてまた水槽の中を見るとそのネオンテトラさんはまたフグに囲まれていました。1匹のアベニーパファーがご飯の時間でもないのに私に訴えかけるように水槽のガラスをずっと私の方を見てツンツンしていました。
かわいいな〜って水槽に手をかけてみると『え。めちゃくちゃ冷たくないか?』と思って恐る恐る水温計を見てみると15℃になっていて二度見してしまいました。これは緊急事態だ!!!と思い水槽の中に手を入れてヒーターを触ってみると全然暖かくなりません。
ほんとにやばいと思い変えのヒーターをすぐ入れてあげました。
10分後くらいにはすっかり暖かくなり、ネオンテトラさんも元気になっていました(^_^)
『フグさんありがとう!!!』
フグさんは水温が下がって寒い中、ネオンテトラさんを守っていていたと思うと凄い感動です!(;_;)
水槽をツンツンして教えてくれたフグさんもありがとう!(^_^)
自然界の中は弱肉強食の方が多いいと思っていましたが、助け合いもあるんだと改めて素晴らしいことだと感じました。
アベニーパファーなど混泳できないと言われますが、意外と混泳してみると仲間だと思って水槽の中でも良い環境を保てるんではないかと思います。
やはり冬はヒーターの変えは必要だと思いました。緊急事態が発生した時もすぐ対応できるようにしといてとても良かったと思います!!
念には念を  ですね!!!
アベニーパファーは泳ぎ方もとても可愛くて世界最小のフグだけあって小さくてとてもかわいいです。フグなのでとても賢いですが、やはりの魚のヒレをがじったりする場合があるので、混泳には覚悟を決めてしましょう。私のフグさん達は混泳に成功していますが、フグさん達は個体差によって性格が違うので、心配ならやめといたほうがよろしいかと思います。
この日記をみて混泳しようと思っている方!しっかり朝 昼(できれば) 夜としっかりご飯を与えてください。お腹いっぱいにしておくことが混泳の絶対条件です。
しっかり観察などをしていると少し変わっただけでも気づくようになりますのでこまめに観察すると良いです。私は暇さえあればぼーっと眺めています。なので少し変わったことが起きた時にすぐおかしいと気づけるようになれえばお魚さんを死なさずに、長生きさせてあげることができるのではないでしょうか!!ぜひ熱帯魚飼っている人はお魚さんの事をよく観察し、大切に育ててください。
私もまだまだ未熟なので詳しい人など教えていただけるとありがたいです。
今回はアベニーパファーの変わった出来事でした( ◠‿◠ )
次回投稿お楽しみください!!!