熱帯魚の教科書

淡水フグの事 うさぎの事 

レットテールアカメフグの繁殖方法|繁殖するにあたっての注意点|淡水フグ

レットテールアカメフグの繁殖

レットテールアカメフグの繁殖も中々面白いと思います!!綺麗な赤い尾びれにあの怪しげな黒っぽい体(>人<;)大人しくてとても可愛いレットテールアカメフグを繁殖させて増やしてみたいと思いませんか?)^o^(
卵から育てるのも中々愛着が湧いてきて良いかと思います。
レットテールアカメフグの繁殖は容易です。
レットテールアカメフグの繁殖にも注意しなければいけない事がたくさんあるので挑戦しようと思っている方しっかり読んでください。

 以前ご紹介させて頂いたレットテールアカメフグの繁殖の仕方や繁殖の為に何が必要をご紹介していきたいと思います。
繁殖は容易と書きましたが、しっかり繁殖のポイントを押さえた上での話になりますので、水質の悪化、適正温度、卵があったとしてもその後どのように対処していったら良いか詳しくご紹介していきます。

 

レットテールアカメフグの繁殖手順
もちろん水槽と生態は必要です。
レッドテールアカメフグのペアを数匹飼ってください。やはり魚も人間と同じよう1対1だと合わない場合があるので複数オスとメスがいる状態で繁殖を挑戦してみてください。
私は繁殖にオス三匹、メス3匹を飼いました。その中でカップルが成立したレットテールアカメフグは1ペアだけだったので、繁殖に興味ある方は複数飼ったほうがよろしいかと思います。
その次に水草を用意してください。水草も一応無農薬を使うと確実かと思います。稚魚や卵は水質などに敏感な為、農薬がついてるともしかしたら死んでしまう場合があるので、無農薬の水草を使うと良いかと思います。
レットテールアカメフグは産卵時に卵をそこら中にばらまくので、カモンバなどの面積が広く柔らかい水草を使ってあげるとより良いかと思います。
産卵が成功したからといってもまだまだ安心できません
もしレットテールアカメフグの卵を見つけたら放置しないでください。卵を放置していると産んだ親魚が全て食べてしまいます。
『餌もいっぱいあげてるしお腹いっぱいにさせてあるから大丈夫だろう』
などといって油断していると全部食べられてしまうのでご注意を。
外の自然界はもともと弱肉強食の世界なので自分の子供だからといって食べないなどの認識はフグさんにはありません。なので卵を見つけたらすぐ別の容器に移動させるようにしてください。
私は見つけた時は虫かごに移ししっかり蓋をして元々の水槽に置いて置きましたが、そのようなスペースが無い水槽で飼われている方は卵用の水槽を用意しなければいけません。水槽はほんとに小さくて大丈夫です。他の水槽で卵を育てる場合はヒーターなども用意しなければいけないので繁殖を試みている方はあらかじめご用意ください。
新しい水槽に数場合はしっかりとバクテリアを増やしカルキ抜きもして万全な状態にして卵を入れてください。
その後も注意しなければいけない事があります。
卵はとてもカビなどがつきやすいので卵を集合させておくと1つの卵がカビてきた時に全部の卵に侵食していく事があるので離しておくとカビによる被害は減ると思います。

繁殖のための費用
小型水槽  1500円
ヒーター  1000円〜2500円
バクテリア 800円
水草3束  1000円
濾過器   800円
生態一匹  2500円〜3500円


最後に
繁殖のポイントはつかめましたか?わからない事があれば質問してください。
繁殖させて1から育てるということはとても素晴らしいことだと思います!!
繁殖に成功したら大切に育ててください。卵から育てるとすごい魚の素晴らしさがわかると思います。1つの楽しみとしてぜひやってみてください。
いつも最後に書かさせていただいてますが、魚も大切な命です。責任を持って育てられる人だけ飼ってください。